春次賢太朗の語る横山大観

春次賢太朗の語る横山大観

春次賢太朗であります。

今回は、横山大観を語りましょう。

横山大観は、明治元年生まれといわれており、昭和33年(1958年)に逝きました。

出身地は、茨城県水戸市下市(常磐国水戸)であり、本名は横山秀麿であります。

10代の頃、絵画に興味を抱き、東京美術学校に入学しました。

その時のエピソードとしては、東京美術学校の入試では、鉛筆画と毛筆画のどちらかで試験を受けられたのですが、鉛筆画での受験者が多いと知った横山大観は急遽毛筆画での受験に変え、見事合格しました。

東京美術学校の第1期生として、岡倉天心、橋本雅邦らの教えを受け、同期生には、菱田春草、下村観山などおります。

東京美術学校卒業後には、京都で仏画の研究を始め、それと同時に京都市立美術工芸学校予備科の教員となりました。

1896年にそこの教員を辞し、東京美術学校の助教授に赴任しました。

その2年後に岡倉天心(当時の校長)が失脚し、それに伴って職を辞し、同年の日本美術院創設に参加しました。

その後、研鑚に励み、日本画壇の重鎮としての地位を築き、1937年には第1回文化勲章の受章者となり、同年帝国芸術院の会員となりました。

春次賢太朗の思う横山大観の代表作

春次賢太朗の語る横山大観の代表作品として、まず始めに挙げるべきは、「村童観猿翁図」でしょう。

この作品は、1893年の卒業制作であり、同期生のうちで最高点を取りながらも学業が悪いということで助手になれなかったという逸話があります。

モデルになっているのは、恩師や同期生であり、岡倉天心もこの着想を快諾したといいます。

しかし、たくましい黒牛が一番目立っているのはどうしてでしょうかね。

絵全体では、村の悪童どもがおとなしく猿回しを見物しているというほほえましい画題であり、水墨画の技法から離れ切れないような感じがします。

ただし、色使いは水墨画の技法とは言えないのではないでしょうかね。

この作品に似ているものとしては、「無我」、「屈原」を挙げましょうかね。

「無我」は、1897年の作品であり、幼子が無心に、というか「ぼ〜」と立っている絵です。

確かに無我という境地が伝わってきますねぇ。

この絵からは、当時の文化すらうかがい知ることができます。

「屈原」は、1898年の作品であり、中国戦国時代の憂国の士を画いており、東京美術学校の校長を辞めさせられた岡倉天心の心境を画いているとされた。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。